BOOK REVIEW

新しい労働社会―雇用システムの再構築へ

2009-10-01

著者:濱口 桂一郎 

 「名ばかり管理職」「ホワイトカラーエグゼンプション」「派遣切り」など、労働にまつわるさまざまな問題がマスコミを賑わし、社会問題となっている。しかし、そこでの論議はステレオタイプな規制緩和論と規制強化論で二極化されてしまい、本質にまで立ち入っていないと著者は主張する。

 本書では歴史的な背景やEUとの比較を交えながら、労働に関する諸問題の根源を探る。

関連書籍

労働社会 | 雇用 | 濱口桂一郎