業界HOTニュース

ジェイ エイ シー リクルートメント
タイ・インドネシア事業展開を伝授

2014-12-16  /  ブックマーク はてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録

 人材紹介事業を展開する業界大手の株式会社 ジェイ エイ シーリクルートメント(東京・千代田区、松園健代表取締役社長・COO)はこのほど、同社の強みであるグローバル関連事業に関する記者懇談会を開催。大手通信社などマスコミ各社20社が集まった。

 現在、国内では製造業を中心に人材不足に悩む企業の海外移転の動きが加速。中でも、良質な労働力を持つASEAN諸国に注目が集まっている。同社はこの現状を踏まえ、「日系企業のアジア展開(タイ・インドネシア)に おける現状と課題、その解決法について」と題するテーマを用意した。

 ASEAN諸国では今年、政治・経済両面で大きな変動があり、特にタイとインドネシアでの動きは激しかった。懇談会では、来日したタイとインドネシアのジェイ エイ シー グループ会社幹部が、同地で事業を展開する日系企業の現状や、それに対する解決法について説明した。

 転職が当たり前のインドネシアでは、通勤への配慮や魅力的な会社であることのアピールが必用であること。タイでは仕事内容や人間関係を理由にで2〜4か月であっさり退職してしまうこと。現地人材のマネジメント方法や現地でしか入手できない情報が提供された。さらに、海外進出支援室から、日系企業の幹部人材採用の最新の調査結果についても紹介された。

 同社は、外資系企業や海外進出企業への転職支援で豊富な実績を持つ。多くの企業から多数の求人が寄せられており、求人数は業界トップクラスだ。グローバル人材の採用、アジアの雇用情勢などについて気軽に相談に応じている。

関連記事

ジェイ エイ シー リクルートメント | タイ | インドネシア

購読のお申し込み
人材ビジネスちえ袋
プログレス

派遣法・安全衛生法、労働基準法など人材派遣の基本を学べる

求人サイト構築サービス『求人タマゴ』

ハイクオリティ・低価格の求人サイト構築・制作サービス『求人タマゴ』

NLPを使った魅力度アップコミュニケーション講座

指示待ちタイプを脱却し、主体性を持った社員様および職場活性化


論説・三浦和夫 編集主幹 業界HOTニュース 読者アンケート オピニオEウェブサイトへ
E椰雄狒寐研究Eウェブサイトへ