業界HOTニュース

労働者派遣事業の倒産、件数は過去8年で最少。9割が零細事業者

2015-12-15  /  ブックマーク はてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録

 東京商工リサーチ(本社/東京都千代田区)は、2015年上半期(4〜9月)の労働者派遣事業労働者派遣事業の倒産、件数は過去8年で最少。9割が零細事業者の倒産状況を発表した。それによると、倒産は31件。前年の41件から10件減少し、年度上半期では過去8年間で最少だった。

 倒産した31件の労働者派遣事業のうち、27件(87.1%)が従業員数4人以下の零細事業者であったことも分かった。調査元は、「法改正を機に体力の乏しい中小零細規模の派遣事業者の淘汰が進む可能性がある」と分析している。

関連記事

労働者派遣事業 | 倒産 | 零細