業界HOTニュース

神奈川でフィリピン人家事サービスを12月開始
国家戦略特区で

2016-10-18  /  ブックマーク はてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録

 パソナ(東京都千代田区、佐藤司社長)は、ハウスキーピングサービス「クラシニティ」を7月から神奈川で本格的に開始した。来年1月を目途にフィリピンより、ハウスキーパーを受け入れ、初年度25〜30人の就労を目指す。外国人による家事代行サービスは、2015年7月の国家戦略特区法成立で可能となった。女性の社会進出を促進するための方策として期待されている。

 今回パソナは、フィリピンの「マグサイサイグローバル・サービス」と業務提携し、日本でハウスキーパーとして働きたいフィリピン国籍の人に、まずフィリピンで約2カ月間「日本語」「家事代行」「異文化・ホスピタリティ」などの教育研修を実施、スタッフ来日後は約1カ月の間、オリエンテーション研修やOJTによってサポートする。住居や生活のサポートも行う。また日本での3年間の滞在期間終了後は、母国での帰国就労支援を行う予定であり、国境を越えたハウスキーパー人材のキャリア形成までを担っていく。

 サービス利用料金は1回2時間5000円より。家全体の掃除や洗濯、買物、食事の準備、アイロンがけなどが可能だ。「現在サービスは永住権を持つ方々で先行実施しています。損害賠償制度はもちろんのこと、担当コーディネーターが細部の説明をした後にサービスを実施するので、安心してご活用いただいております」(同社広報)という。同制度には大阪府についで東京都も名乗りを上げた。同社では東京での展開についても「神奈川での実績を見つつ、初年度20〜30人程度の稼働を考えている」(同社広報)という。

関連記事

家事代行 | 国家戦略特区 | フィリピン

購読のお申し込み
人材ビジネスちえ袋
プログレス

派遣法・安全衛生法、労働基準法など人材派遣の基本を学べる

NLPを使った魅力度アップコミュニケーション講座

指示待ちタイプを脱却し、主体性を持った社員様および職場活性化

求人サイト構築サービス『求人タマゴ』

ハイクオリティ・低価格の求人サイト構築・制作サービス『求人タマゴ』


論説・三浦和夫 編集主幹 業界HOTニュース 読者アンケート オピニオEウェブサイトへ
E椰雄狒寐研究Eウェブサイトへ