業界HOTニュース

テンプスタッフ・テクノロジーとインテリジェンスの派遣事業を統合。1月より新会社発足

2016-11-30  /  ブックマーク はてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録

 テンプホールディングス(東京都渋谷区、水田正道CEO、以下テンプHD)は、11月18日、グループ傘下でエンジニア派遣事業を展開するテンプスタッフ・テクノロジー(東京都渋谷区、藤崎貴司代表取締役社長)とインテリジェンス(東京都千代田区、峯尾太郎代表取締役社長)の派遣部門を2017年1月に統合し、新会社を発足させると発表した。 テンプスタッフ・テクノロジーを存続会社とする新会社の名称は、パーソルテクノロジースタッフ。
 インテリジェンスの派遣事業は、2016年2月に事務系部門がテンプスタッフに統合された後はIT・エンジニアに特化しており、この度の統合により同社は派遣事業から事実上撤退することになる。
 テンプHD広報は、この統合でグループ内の事業ドメインの重なりが整理され経営資源が集中できることに加え、「それぞれが異なる強みを持っているためグループシナジーの発揮が期待できる」としている。テンプスタッフ・テクノロジーは一般事業会社を含めた幅広い顧客に対するネットワーク・サーバー等の運用・保守、セキュリティー人材などの派遣に強みを持ち、エントリーしている人材は未経験を含めて幅広い。一方、インテリジェンスの派遣事業はIT・通信事業者、大手製造業といった顧客基盤を有し、設計・開発など高スキルエンジニアの派遣に強みを持つ。つまり、両社が統合することで、より幅広い顧客群により多様な人材ソリューションの提案が可能になる。高需要が続くエンジニア領域での攻勢を狙っての戦略的な統合だと言える。

関連記事

テンプスタッフ | インテリジェンス | パーソル