業界HOTニュース

パナソニックOBなどを紹介・派遣する人材サービスを開始
〜パナソニックエクセルスタッフ〜

2016-11-30  /  ブックマーク はてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録

 パナソニックエクセルスタッフ(大阪府大阪市、須田勝也代表取締役社長)はパナソニックを中心とするOB人材を企業にマッチングする専門人材サービス「ASSIST―アシストー」(以下、アシスト)を立上げ、11月より本格的にサービス提供を開始した。
 パナソニックにより設立された同社には、パナソニック出身者で、技術、製造、品質、営業、経営管理部門など製造業の経営に必要な職域において高度な専門スキル及びノウハウを培ったシニアスペシャリスト人材が登録している。「アシスト」は、こうした人材を紹介、派遣、コンサルティングや研修などの請負の形で顧客企業にマッチングするサービス。例えば、海外進出や新規事業をスピーディに軌道に乗せるための人材を自社の内部で育成する時間がないといった課題を抱える中小規模の企業にパナソニックでの豊富な経験を持つ人材を紹介するといったモデルを想定している。同社によると、「専任のコンサルタントがキャリアカウンセリングを行い、専門スキルの棚卸だけでなく、仕事・キャリアに対する志向確認、必要がある場合は意識改革を含めたアドバイスを行うなど一人ひとりのキャリア設計をした上で仕事案件とのマッチングを行う」とのこと。サービス開始を広報して間もないが、既に企業から問い合わせが相次いでいると言う。今後については「生産年齢人口が減少する中で、このビジネスの社会的意義は大きいと考えており、主に日本のモノづくりを支える製造業を中心とした企業にサービスを展開し、まずは初年度のサービス利用申し込み企業150社を目指す」としている。

関連記事

パナソニック | アシスト