業界HOTニュース

同一労働同一賃金の講演が盛況。技能協賀詞交換会
(日本生産技能労務協会)

2017-02-02  /  ブックマーク はてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録

 一般社団法人日本生産技能労務協会が主催する平成29年度新春講演会・賀詞交換会が1月18日、東京都内明治記念館で開催、約300人以上が集まった。

 講演は、清水竜一会長の挨拶から始まり、第1部の「『同一労働同一賃金ガイドライン案』の解説」を内閣官房働き方改革実現推進室・厚生労働省職業安定局派遣・有期労働対策部雇用支援企画官河村のり子氏(=写真)が、第2部の「製造請負・派遣業における職場の活性化策」をランスタッド株式会社EPA総研の川西由美子氏が、それぞれ解説した。

 第1部の「『同一労働同一賃金ガイドライン案』の解説」では、同一労働同一賃金の制定までの大まかな流れと、派遣社員への同一労働同一賃金の適応のさせかた、ガイドライン案がどうなっているかなどについて解説した。

第2部の「製造請負・派遣業における職場の活性化策」では、心理学を用いた解決思考による職場活性策について、川西氏が手掛けた事例を基に解説した。

 どちらの講演も好評を博し、アンケートの結果では、参加者の70%以上が満足したと答え、特に同一労働同一賃金については、「施行されたら、また講演を是非聞きたい」と言う要望が寄せられた。

グラフ

関連記事

同一労働同一賃金 | 技能協 |