業界HOTニュース

「パーソルグループ」としての本格始動を宣言。
「ジョブシェアセンター」など新サービスも開始
(テンプHD)

2017-04-17  /  ブックマーク はてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録

 テンプホールディングス(東京都渋谷区、水田正道代表取締役社長CEO、以下テンプHD)は、3月22日、都内で「『働き方改革』の実現に向けたPERSOLグループの取り組み説明及び新CM発表会」を行った。

 冒頭、壇上に立った水田正道社長は、「働き方改革」の要諦は「生産性向上」であり、それを実現する鍵は、「多様性ある働き方の実現」と語り、グループの総力をあげ、この社会課題にコミットしていくことを宣言した。

 次いで登壇したテンプHD高橋広敏取締役副社長は、多様な働き方の実現に向けての具体的な取り組みとして^藥や介護中の人の就労が都心に通うことなく限られた時間でも仕事ができる職住近接の「ジョブシェアセンター」の設立大手企業を定年退職した幹部シニア人材を中小企業に経営顧問として紹介する「i-Common」の人事領域への拡大C亙人材の活躍支援、ぜ卞發砲けるピープルアナリティクスを活用した社員活躍施策を紹介。

 その後、世界的エンジニアであるスティーブ・ウォズニアック、85歳の現役モデルのカルメン・デロリフィッチェが出演する新CMがお披露目された(=写真)。

 テンプHDは、2016年7月の新グループブランド「PERSOL」の導入以来、2017年7月をもってテンプスタッフ、インテリジェンスなど中核企業4社の社名に「パーソル」を冠することと決定するなど、グループの一体化施策に取り組んできたが、求職者に対してのブランド浸透に本格的に乗り出したと言える。

グラフ


関連記事

テンプ | パーソル | ジョブシェアセンター