業界HOTニュース

テンプスタッフ「直接雇用が目指せる」事務系無期雇用派遣サービスを開始

2017-05-01  /  ブックマーク はてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録

 総合人材サービスのパーソルグループのテンプスタッフ(東京都渋谷区、和田孝雄代表取締役社長)は、4月3日から一般事務の無期雇用派遣サービス「funtable(ファンタブル)」を開始した。

 事務系の無期雇用派遣についてはスタッフサービス「ミラエール」、アデコ「キャリアシード」、リクルートスタッフィング「キャリアウィンク」、マンパワーグループ「エムシャイン」と各社が続々とサービスを開始しており、テンプスタッフの参入で大手派遣会社がほぼ参入したことになる。

 「ファンタブル」は、未経験で事務職を希望する人材を無期雇用スタッフとして採用、有給の研修を経た後、派遣先で就業するというもの。就業期間中に個人に合った研修プログラムを実施し「希望に合った就業先での直接雇用への道を開く」と明言しているのが特徴だ。研修プログラムとしては、テクニカルスキルに加えロジカルシンキングや感情コントロール等の応用可能なスキルを養うカリキュラムも用意する。開始以来の反響についてテンプスタッフ広報は「直接雇用を目指せる可能性があることに魅力を感じている人に加え、研修制度やサポートがあること、派遣会社を通して紹介されることで就業条件が違うなどのトラブルが回避できることの安心感に魅かれて応募される方が非常に多いです。派遣先企業様については、採用コスト削減と若年層の確保という点にメリットを感じていただいていると共に、労契法や派遣法の改正を背景に中長期的視野での新しい人材採用手段の一つとしてもご検討いただいています」と述べている。

関連記事

テンプ | 直接雇用 | 無期雇用